昔の事を思い出したり (高校時代の愉快な先輩達編)

 

前回の記事はこちら

 

理由②愉快な先輩達

2歳年上の先輩達が非常に愉快で楽しい先輩達でした。

この人たちがいなかったら部活は続かなかっただろうし、

楽しい高校生活も送れなかったんだろうなと思います。

 

アストロシティ

 

格闘ゲームが好きという全員共通の趣味があり、

部活が休みの日や、部活後にこっそりゲーセンに行って遊んでました。

 

※当時は格闘ゲームブームで秋田にもゲームセンターが結構ありました。

今は潰れてありませんが、駅周辺だとヨーカドー、フォーラス、ピロス、

ワンコイン、ダイエーなどなどたくさんお店がありました。

 

ストゼロシリーズ、サードシリーズ、ヴァンパイアシリーズ、

KOFシリーズ、侍魂シリーズ、飢狼シリーズ、龍虎シリーズ、

月華シリーズ、ジョジョシリーズ、鉄拳シリーズ・・・etc

 

現在のように1playにつき何円をメーカーに課金+高額の筐体代ではなく、

当時は1枚15~20万円とかで格ゲーの基盤を導入できたんじゃないかな?

ロケの負担が今よりずっと少なかったから、お店自体にも元気があり

プレイ料金も1play50円が主流で財布に優しい時代でした。

 

機会があったらアーケードゲームについても書きたいと思います。

 

ネットも無い時代だったので、裏キャラの出し方は口コミや、ゲーメスト、

ネオジオフリークなど毎回買って血眼になって読んでいた記憶があります。

 

 

ここで愉快な先輩達の紹介

 

①H先輩

メンバーの中でただ一人!知的な存在。

カプコン系のゲームをやらせたら鬼のように強い先輩

マーブル VS STREET FIGHTERなんか対戦した日には

僕のキャラが1発空中に浮かされたら終わりまで無限コンボをされました。

 

サイクロプス、リュウ、チュンリー、ウルヴァリンを使わせたら

手に負えなかったっす。

 

ストゼロ3リュウで40連勝とか記録出してて神のような存在。

また、他先輩達に対するえぐるように的確な発言が面白かった。

 

 

②A先輩

気が優しく穏やかな先輩、入部したての僕に世間の厳しさを教えるが

ごとくリアルバウト餓狼伝説スペシャルでにこにこしながら、ビリー、

双角、裏ブルーマリーで僕をぼっこぼこにしてきた人。

 

カラオケに行くと非常にノリが良く面白い人。優しすぎて人の仕事までも

引き受けてしまうのが玉に傷。

 

 

③M先輩

ミスター赤点王子の異名を持つ筋肉マンな先輩。

明るく、周りに気を使い、自分の力できちっと生きていく

僕の一番尊敬する先輩。

 

先輩の伝説を語ると2時間くらい話せるんじゃないかなー

というネタの宝庫であり、僕と一番遊んでくれたり

相談に乗ってくれる貴重な方。

 

親友ならぬ親(しん)先輩だと思ってます。

 

 

伝説その壱 ~雨・雪・台風!何でもござれいつでも自転車通学~

高校3年間どんな時でも学校へママチャリで登校。台風・暴風雪なんのその

毎日往復20kmを通学していました。

 

※秋田の冬に自転車移動出来るというのは並大抵のことじゃありません。

深い時は膝くらいまで雪がつまるし、道路はアイスバーンになるし、

狭い道の歩道は除雪で雪が寄せられて歩きにくいなど苦難の連続です。

 

吹雪の中、自転車を漕いで走ると肺が凍りそうになるとかよく分からない

コメントをしていました。

 

伝説その弐 ~テスト後必ず補修あるよね?赤点地獄篇~

ミスター赤点王子の名前の通り赤点を取ることが通常だった先輩。

 

高校卒業時のテストで、たまたま英語のテストが赤点じゃなかったせいで

担当教師から呼び出されカンニングしてないだろうな?と

1時間くらい職員室で問い詰められた事件。

 

本人曰く、選択式や穴埋めを野生のカンで書いたとのこと。

そもそも卒業も進路も決まってて、最後の消化試合のテストでカンニングする

わけないでしょと先生に力説。無事無実を証明した。

 

 

伝説その参 ~男同士でどこでもいっちゃうぜ!海賊パフェ&イタリアン編~

M先輩には色々な所へ食事に連れていってもらいました。

 

秋田駅前のカツ亭(ひれカツ&焼き飯定食がうまい)

秋田駅裏のぼてふく(お好み焼き屋さん、現在は無くなりました。)

秋田駅裏のラーメン花月(にんにくげんこつラーメンがうまい)

仲小路のカプリチョーザ(ライスコロッケがうまかった、現在は別のお店になりました)

アトリオンの喫茶店(海賊パフェ、めちゃくちゃでっかい、現在別のお店になりました)

 

上記の店でなかなか厳しい状況に陥ったのが、カプリチョーザさん。

ライスコロッケやパスタが非常においしく、量も多かったためお腹が

ぺこりんだった僕や先輩には丁度いいお店でした。

 

奇しくも丁度この時期・・・世間ではクリスマスムードに溢れ幸せな

カップルが街を歩く・・・そんな時に事件は起こりました。

 

ライスコロッケ&パスタ食いにいこうぜ!と先輩からお呼びがかかり、

のりえもん少年は喜んでついていきました。

 

そんなのりえもん少年に降りかかる悲劇?笑劇?

 

お店に到着。入口で2名ですと伝え案内され席に着く。

何か違和感を感じる。テーブルの上におしゃれな

キャンドルが設置されている。普段こんなのあったっけ?

 

料理も運ばれてきて、いっただっきまーす!の瞬間異変が起こる。

 

フェードアウトしていく照明・・・ともるキャンドル

照明が徐々に弱くなり、店員さんが各テーブルを回って

キャンドルに火をともす。

 

おしゃれにグラスをかたむけキャンドルを挟んで見つめ合う恋人達。

ムーディな曲が流れ、店内を甘い空気が包みこむ。

 

キャンドルの向こうにゆれる筋肉むきむきな先輩の顔。

うわ~雰囲気いいわ~!ムードがあっていい感じだぁ~♪

今夜は君を帰さない・・・・

 

ならねぇよっ!

 

まーまー、周りを見渡せばカップルばかり。

男2人の僕ら、完全にアウェイwww

 

だが、そこは鉄のメンタルM先輩&のりえもん。

うまいもんを食う時にそんなの気にしてられねぇ!

(精一杯の強がりwww)

 

おいしくライスコロッケ&パスタを頂き、お腹を満たし

幸せな気分で帰路につきました。

 

いつかは彼女と来ることを夢見て・・・ww

 

これに比べれば男2人で大盛りの海賊パフェを食べること

なんてちょろいちょろいw

 

今でも先輩達と飲む時の鉄板ネタです。

 

面白く頼りになる先輩達に恵まれた高校時代でした。

 

次は大学進学上京(おら東京さいぐだ)編を書きたいと思います。