Nintendo Switch (任天堂スイッチ)の左ジョイコンアナログスティックを修理したよー

今回は嫁さんのスイッチ左ジョイコンがおかしくなったので修理してみました。

Nintendo Switch (任天堂スイッチ)の左ジョイコンアナログスティックを修理したよー

チョコボの不思議のダンジョンをプレイしている嫁さんから左ジョイコンの調子が悪いと言われ確認したところ、アナログスティックが触ってないのに反応してチョコボが斜めに走っている症状が発生していました。何も触ってないのに走ってるチョコボが面白いw

ジョイコンがおかしくなったのが2台目だったので、また新品を購入しようかと考えていたところ、amazonでジョイスティック部分のパーツと修理工具セットを発見。ネットで修理のやり方を調べたところ、自分でいけそうだと判断をし注文する。

 

任天堂スイッチの修理キットが届いたよー

内容物はY字ドライバー、プラスドライバー、ピックみたいなスイッチのカバーに差し込んで開くもの、交換用ジョイコン×2、Y字ネジ4本です。

ネットで予習済みなので早速作業にとりかかります。ここで早くもトラブルが発生!

Y字ドライバーがとにかく回しづらい。

思いっきり本体自体がゆがんでいるw

細心の注意を払いネジがなめらないよう丁寧に外しました。

電池を取り外しーの

スティック部分のコネクタを外しーの

アナログスティックを交換して作業終了。

コネクタの差込は指だとやりづらかったのでピンセットを使うことをおすすめします。

組み上げて作業終了。ここでまたもやトラブル発生!

入力テストでジョイコンがうんともすんとも反応しない・・・なぜだぁぁ

取り替えたアナログスティックに問題がありそうな気がしたので、同封されていたもう1個のアナログスティックに交換する。組み上げて入力テストを行ったら無事反応し普通に使える状態になりました。

僕のコネクタ接続が悪かったのか初期不良品なのか確かめたかったので、さらにもう一度交換して入力テストを行う。うん、全く反応しない。初期不良品でした。

4回も組み立てを行うことになりましたが、無事修理は完了。

チョコボも普通に歩いてたのでえがったえがった。

まとめ

①丁寧にやれば結構簡単に左スティックは直せます。

②修理キットはY字ドライバーが曲がっていたり、スティックが1個破損していたりとトラブルが起きる可能性があります。自己責任で行いましょう~

私が買ったのはこちら