スポンサーリンク

昔の事を思い出したり (小学校~高校編)

こんにちは!のりえもんです

ここ最近急激に気温が下がり、初雪が降り体で実感

自転車乗ってると風が寒い寒い・・・というか痛い

 

季節のせいなのかは分かりませんが、ふっと昔の事を思い出したりします

まさか自分が普通に仕事をし、結婚して子供を授かり幸せに暮らしている

なんて20代前半は想像出来なかったっす。

昔の事を振り返ってみる(小学校~高校)

 

小学校~中学校編

勉強もスポーツも出来ず、軽い小児ぜんそく持ちで身体も弱く駄目駄目な子でした。

小学校中学年の時に水泳を始め少しぜんそくの症状が改善する。

 

中学校の部活は陸上部、短距離でしたが我ながら足遅かったなぁ・・・

 

幸い友達には恵まれたので楽しく過ごせました。

今でも同年代で付き合いがあるのは中学の友達だけです。

 

みんな就職で県外いったり、親御さんになったりでなかなか

会えていませんが、機会を作って飲みたい。

 

高校編

母校

写真は我が母校

 

勉強について

公立高校を落ちて私立の高校へ。少しずつ環境に変化が訪れる。

就職コースのクラスだったので、勉強が進学クラス程難しくなく

中学の頃よりは幾分か成績が向上。

 

部活について

部活は陸上部へ引き続き入部。

これが今でも大正解だったな~と思います。

 

理由① はっきり物事を言う監督

入部当初に100m・200mのタイムを見て開口一番

監督「お前、短距離の才能ないから根性でやれる中距離やれ!」

僕「おぉ・・・おっす」という感じで中距離へ転向。

 

足が遅い事を自覚してたから、割と素直に受け入れできました。

種目は800m、1500mをやっていました。

 

800mが特に苦しかった・・・ラスト200mが乳酸が貯まって

足が上がらない上がらないw

 

そして、3年生最後の高総体も終わり引退のタイミングで、

漠然と進学で東京に出たいと考えていたので受験勉強モード

(遅い)にしようと考えていた日、事件は起こる。

 

監督「10000mの大会にエントリーしたから!」

僕「おぉ・・おっす」という感じで強制的に出場が命じられる。

 

一ヶ月くらいの長距離練習を行い、いざ本番へ!

本番待ちの時間に他校の友達に中距離の僕がいるのを見て

何で参加してるの?と驚かれた記憶があります。

タイムは34分くらいだったかな~

中長距離が僕1人しかいなかったので、練習は1人だったのが辛かった。

 

高校3年間の部活のおかげで根性&体力が付き

ぜんそくの症状も改善され、高校卒業後は風邪なんて

2年に1回くらいしかかからない体力、

また、周囲とのコミニュケーション、挨拶、

何かトラブルがあった時の迅速な判断・対応など、

仕事に必要な素養は高校時代の部活で養われたと感じます。

 

監督本当にありがとうございました!

 

 

次は、理由②高校時代のお世話になった愉快な先輩達の記事を書きます。